福岡大学 教育研究推進部 産学官連携センター

  • サイトマップ
  • アクセス
  • お問い合わせ

HOME > 産学官連携までの流れ

産学官連携までの流れ

産学連携の流れ
福岡大学での産学連携が
どのような流れで行われる
のかを説明します!
まずは、産学官連携センターが企業様からよくいただくお悩みをみてみましょう!
まずは、産学官連携センターが
企業様からよくいただくお悩みを
みてみましょう!
技術相談、経営相談の用紙はこちらから
企業の方のお悩み(一例)
企業の方のお悩み(一例)
  • 新しい技術開発を進めたい
  • 現状の技術を改善したい
  • 事業展開に公的な支援を活用したい
  • 大学が持っている特許を使いたい
  • 大学との連携に関心があるけど
  • 具体的なイメージがわかない
このようなお悩みを解決するため、福岡大学産学官連携センターでは、
次の①〜④の流れで連携を行っていきます。
コーディネーター紹介
コーディネーター紹介 コーディネーター紹介
医療系・理工系などの各分野専門のコーディネーターや、
行政機関等との連携を主とするコーディネーターなど
お問い合わせの内容に応じたコーディネーターをご紹介します。
矢印
技術・経営相談
技術・経営相談 技術・経営相談
コーディネーターが直接企業様と面談し、具体的な相談内容の確認、
課題の明確化を行っていきます。
(※連携をご希望の研究者がいる場合は、この時にお知らせいただきます。)
矢印
研究者との引き合わせ
研究者との引き合わせ 研究者との引き合わせ
面談したうえで、コーディネーターが福岡大学の研究者の中から
適正な研究者を選んで引き合わせ、研究の可能性等について
打ち合わせます。
矢印
各種契約締結/書類作成
各種契約締結/書類作成 各種契約締結/書類作成
具体的に「研究テーマ・研究内容・研究スケジュール・必要経費・
企業様と福岡大学研究者の役割分担・特許等が創出された場合の
取り扱いなどを協議の上、これらを盛り込んだ契約書を作成します。
産学連携による各種研究開発形態は、次の3種類です。ここからは直接研究者とやりとりを行っていただきます。
産学連携による各種研究開発形態は、
次の3種類です。ここからは直接研究者と
やりとりを行っていただきます。
各種研究開発の形態
各種研究開発の形態
ご相談の内容に合わせた形態にて連携を行っていきます。
技術指導
大学の研究者が専門的なアドバイスを
行います。
(※実験・測定・検査等の経費が発生
   するものは除きます。)
共同研究
企業様と大学が共通の課題について、
協力して研究を行います。
公的な助成金の活用等の相談にも対応
します。
受託研究
企業様からの委託を受け、本学研究者が
研究を行います。
上記3形態のほかに、寄付研究や研究助成寄付金の制度があります。

● 寄付研究
企業等からのご寄付をもとに、福岡大学の学部、大学院等に研究組織を設置し、教育研究の進展をはかります。

● 研究助成寄付金
企業等から福岡大学の研究者を指定してご寄付いただき、指定された研究者の研究に役立たせていただきます。
企業にとっては、免税措置があると共に、特定公益増進法人への寄付としての領収書を発行します。

● 知的財産権の活用
福岡大学が所有する知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、回路配置利用権、育成者権、著作権、ノウハウ等)の活用や、
共同研究や受託研究から創出された発明の共同出願が可能です。
民間企業との共同研究・受託研究連携実績
これは平成28年度のデータです。
幅広い規模の企業と積極的に連携を行っています。
地元企業とのつながりの強さもポイントです。
産学連携でお悩み解決!皆様からのお問い合わせをお待ちしております!
産学連携でお悩み解決!
皆様からのお問い合わせを
お待ちしております!
  技術相談、経営相談の用紙はこちらから
お問い合わせはこちらまで!
福岡大学 産学官連携センター
福岡大学 産学官連携センター
〒814-0180 福岡市城南区七隈八丁目19-1 文系センター高層棟4階
電話:092-871-6631(内線 2832〜2835) FAX:092-866-2308
E-mail:sanchi@adm.fukuoka-u.ac.jp
Copyright © 2012 Fukuoka University. All Rights Reserved.