福岡大学 大学院 福岡大学 大学院

ホーム>研究科・専攻>薬学研究科>薬学専攻(博士課程)

薬学専攻(博士課程)

教育目標

 薬学教育は、平成18年度より「臨床に係る実践的な能力を培うことを主たる目的」とする6年制と「薬学に関する研究、製薬企業における研究・開発・医療情報提供などの多様な分野に進む人材育成のため」の4年制学部課程を併置する新しい制度が始まった。

 本専攻は、平成24年4月より、6年制課程薬学部を基礎とする課程として博士課程後期(3年、薬学専攻)を博士課程(4年、薬学専攻)に改組し、臨床に係る教育研究の高度化に対応できる薬剤師・薬学研究者・薬学教育者などの養成を教育目標として掲げ開設した。【医療薬剤師プログラム】

 また、本専攻は、医療系薬学を中核としているが、基礎薬学を包含する総合的な学術としての薬学が大学院プログラムとして対応している。そのため、薬剤師免許を持たない健康薬科学専攻の修了者なども、以下に示す【薬学研究者プログラム】を連続性をもって履修することによって、創薬研究者、基礎系薬学教育者、健康科学、環境衛生化学等研究者等を目指すための素養を身につけることができる。

<1> 医療薬剤師プログラム: がんなどの専門薬剤師、個別化医療推進薬剤師、医療系薬学教育者、医療行政推進薬剤師、トランスレーショナルリサーチ推進研究者・技術開発者、レギュラトリーサイエンス研究者等の人材の育成を目標とする。

<2> 薬学研究者プログラム: 創薬研究、薬物治療の最適化などに従事する医療系薬学研究者、基礎系薬学教育者、健康科学、環境衛生化学等研究者・行政担当者、製薬企業研究開発従事者等の人材養成を目指す。 実験・演習等所定の単位を修め、本研究科の理念・目的に即する人材の域に達し、将来も自らが研鑽し、より高度な知識・技能・態度を身につけようとする意欲の有るもので、薬学を通して、国民の健康維持に積極的に貢献する姿勢を有し、かつ論文の審査及び最終試験に合格したものに博士(薬学)の学位を授与する。

授業科目、担当者

平成30年度入学試験要項からの抜粋をPDFファイルでご覧いただけます。

 

PDFファイル 博士課程(578KB)

 

(平成29年6月現在)

教員紹介

教授

准教授

▲ページトップ