福岡大学 大学院 福岡大学 大学院

ホーム>研究科・専攻>薬学研究科>健康薬科学専攻(修士課程)

健康薬科学専攻(修士課程)

教育目標

<1> 健康創薬科学プログラム:学際的な健康科学領域において活躍できる健康科学関連研究者・技術者、創薬科学関連研究者・技術者、医薬情報担当者、健康食品、香粧品等安全管理者等の人材を輩出することが目標である。

<2> 総合薬学プログラム:現場薬剤師が新規医薬学領域や最先端薬学を体系的かつ系統的に講義及び演習で修得し、課題研究活動を通じて科学的な情報構築・評価能力を培い、優れた問題発見・解決能力を有する先導的薬剤師として地域に密着した医療貢献ができるようになることを目指す。

 本修士課程の学生は、専門分野、年齢、修了後の進路など多岐に亘ることが予測されるので、積極的にこれを活かした独自の少人数教育を行うことができる授業形態、教育システムを導入し、広い視野、幅広い知識、高いコミュニケーション能力などを醸成する全人教育の場とする。特に、健康創薬科学プログラムに入学する学生の大部分は、薬学領域とは異なった視点で教育を受けており、異なる発想と思考様式をすでに培っている。この異分野的思考と薬学的思考との融合により、未開の研究分野の開拓と発展が期待できる。

 なお、本専攻は、志願の段階で指導教員を決定し入学する。修業年限の期間、指導教員と相談し、授業科目の選定の他、修士論文の作成、その他研究一般について、指導を受けることになる。

 特別実験・演習等所定の単位を修めることにより、本薬学研究科の理念・目的に即する人材の域に達し、将来も高度な知識・技能・態度を身につけようと自らの研鑽・努力を怠らず、薬学を通して、国民の健康維持に積極的に貢献する姿勢を有し、かつ論文の審査及び最終試験に合格したものに修士(健康薬科学)の学位を授与する。

授業科目、担当者

平成30年度入学試験要項からの抜粋をPDFファイルでご覧いただけます。

 

PDFファイル 修士課程(385KB)

 

(平成29年6月現在)

教員紹介

教授

准教授

▲ページトップ