福岡大学 大学院 福岡大学 大学院

ホーム>研究科・専攻>法学研究科

法学研究科

法学研究科個別サイト

人材養成目的、その他教育研究上の目的

 法学研究科は、法学や政治学に関する講義、演習及び論文の作成により、法律や政治についての広範な具体的問題についての分析と解決方法を提示できる人材養成を教育理念とし、研究者養成及び専門職業人の養成、再教育を目的とする。博士課程前期は、学部における一般的教養及び専門的知識の上に、広い視野に立って精深な学識を養い、専攻分野における研究能力又は専門的職業に必要な能力を養うことを目的とする。博士課程後期は、専攻分野における独創的な研究能力又は先端的な専門能力を養うことを目的とする。

教育目標

 法学研究科は、福岡大学の建学の精神を基本理念とし、わが国および国際社会に貢献できる専門知識を備えた人材を養成することを目的とする。

【博士課程前期】
博士課程後期での研究のための学識の修得、専門職や企業等での活躍を目指す学生に応じた論文指導等による学識の修得を目標とする。

【博士課程後期】
博士論文の作成により、研究職等に就きうる学識の修得を目的とする。

専攻

▲ページトップ