福岡大学 大学院 福岡大学 大学院

ホーム>大学院について>学修の成果に係る評価および修了の認定に当たっての基準について

学修の成果に係る評価および修了の認定に当たっての基準について

福岡大学大学院では、学修の成果に係る評価および修了の認定に当たっての基準を学則に定めています。

以下は、学則の抜粋です。

 

学則全文は、福岡大学のページをご覧ください。

 

福岡大学大学院学則(第17条〜第20条)


第17条  大学院における各授業科目の学習修了の認定は、筆記試験又はその他適切な方法によるものとする。
2  筆記試験又はその他適切な方法は、当該研究科通常委員会がこれを定める。
 
第18条  試験の成績の判定は点数をもってするが、成績通知には評点又は秀(A)、優(B)、良(C)、可(D)、不可(F)の評語をもってする。
2  成績評語は、次の基準によるものとする。
  (1) 秀 (A) 100点から90点まで
  (2) 優 (B) 89点から80点まで
  (3) 良 (C) 79点から70点まで
  (4) 可 (D) 69点から60点まで
  (5) 不可 (F) 59点以下
  (6) 放棄 (H) 試験放棄
3  可(D)以上を合格とし、不可(F)は不合格とする。
4  第2項の規定する成績評価については、合否のみの成績評価を除き、次の各号に掲げるところに従い所定のGP評点を与える。
  (1) 100点から90点まで = 4.0
  (2) 89点から80点まで = 3.0
  (3) 79点から70点まで = 2.0
  (4) 69点から60点まで = 1.0
  (5) 59点以下 = 0.0
5  履修した各授業科目の単位数にそれぞれの前項で規定するGP評点を乗じ、その総和を総履修単位数で除したものを、GPA評価とする。
 
第19条  大学院における最長在学年限は、修士課程又は博士課程前期においては4年、博士課程後期においては6年とする。ただし、医学研究科博士課程においては8年とする。
2  前項の規定にかかわらず、第6条の6に規定する長期履修を認められた者(以下「長期履修学生」という。)の最長在学年限は、5年とする。
 
第20条  修士課程又は博士課程前期においては、2年以上在学して所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格した者をもって、その課程を修了したものとする。ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げた者については、1年以上在学すれば足りるものとする。
2  前項本文の規定にかかわらず、長期履修学生については、3年以上在学しない限り、その課程を修了することができない。
3  博士課程においては、5年(修士課程又は博士課程前期に2年以上在学し、当該課程を修了した者にあっては、当該課程における2年の在学期間を含む。)以上在学して所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格した者をもって、その課程を修了したものとする。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者については、3年(修士課程又は博士課程前期に2年以上在学し、当該課程を修了した者にあっては、当該課程における2年の在学期間を含む。)以上在学すれば足りるものとする。
4  第1項ただし書の規定による在学期間をもって修士課程を修了した者の博士課程修了の要件となる在学期間については、前項の規定にかかわらず、修士課程における在学期間に3年を加えた期間とする。ただし、優れた研究業績を上げた者については、3年(修士課程における在学期間を含む。)以上在学すれば足りるものとする。
5  第31条第1項に規定する者が、博士課程後期に入学した場合の博士課程の修了の要件は、3年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格することとする。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者については、1年以上在学すれば足りるものとする。
6  第3項の規定にかかわらず、医学研究科及び薬学研究科の博士課程においては、4年以上在学して所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格した者をもって、その課程を修了したものとする。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者については、3年以上在学すれば足りるものとする。

 

研究科および専攻別修了要件

 

各研究科における授業科目、単位及び履修方法については以下の通りです。

 

 

 

▲ページトップ