福岡大学 大学院 福岡大学 大学院

ホーム>大学院について>人材養成目的及びその他教育研究上の目的

人材養成目的及びその他教育研究上の目的

福岡大学大学院では、人材養成目的及びその他教育研究上の目的を学則に定めています。

以下は、学則の抜粋です。

 

学則全文は、福岡大学のページ をご覧ください。

 

福岡大学大学院学則(第2条)

第2条 大学院に修士課程、博士課程及び専門職学位課程を置く。

2  修士課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的とする。
3  博士課程は、専攻分野について研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。
4  専門職学位課程は、高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培うことを目的とする。
第2条の2 第4条に定める各研究科又は各専攻の人材養成目的、その他教育研究上の目的は、次のとおりとする。
(1) 人文科学研究科

 人文科学研究科は、人文科学の各専門分野における専門知識のみならず、確固とした理論と実証的方法論を備え、今日の国際社会に貢献できる人材を養成することを教育研究の理念とし、自由で独創的な発想と視野の広い人間性を持つ人材の陶冶を目指す。すなわち、本研究科は、世界の潮流を俯瞰し、高度の研究教育をそのなかに定位することによって、広範な展望と批判精神を有する創造的人材の育成を目的とする。本研究科の理念に基づき、修士課程・博士課程前期については、社会の要望に応えて十分な実力を発揮できる知的人材を養成することに力点を置き、博士課程後期については、広い視野を持ちつつも、それぞれの専門領域において独創的かつ社会的に有用な研究を実現できる人材を養成することを目的とする。
 史学専攻においては、日本史学・東洋史学・西洋史学・考古学の各専修においてカリキュラムに基づき、きめ細かな個人指導を実施する。博士課程前期では、学部での習熟度を踏まえ、演習と講義を通して研究課題の総合的な把握・理解・解決のための方法を体得させ、もって社会諸方面の要請に応えることのできる専門職業人を育成することを目的とする。博士課程後期では、前期課程で培った専門的能力をより錬磨させ、体系的な研究業績の達成はもとより、社会に貢献する高度な専門職業人・研究者の育成を目的とする。
 日本語日本文学専攻においては、日本文化の根幹である言語と文学の研究を深め、それが真の国際化に寄与するとの観点から、日本語学・日本文学の各分野においてカリキュラムに基づき、きめ細かな個人指導を実施する。博士課程前期では、学部での習熟度を踏まえ、研究課題の総合的な把握・理解・解決のための方法を体得させ、社会諸方面の要請に応えることのできる専門職業人を育成することを目的とする。博士課程後期では、前期課程で培った専門的能力をより錬磨させ、体系的な研究業績の達成はもとより、社会に貢献する高度な専門職業人・研究者の育成を目的とする。
 英語学英米文学専攻においては、英語学・英米文学・英語教育学の各分野においてカリキュラムに基づき、きめ細かな個人指導を実施する。博士課程前期では、学部での習熟度を踏まえ、講義と演習を通して研究課題の総合的な把握・理解・解決のための方法を体得させ、もって社会諸方面の要請に応えることのできる専門知識のある国際人を育成することを目的とする。博士課程後期では、前期課程で培った専門的能力をより錬磨させ、体系的な研究業績の達成はもとより、国際社会に貢献し得る高度な専門職業人・研究者の育成を目的とする。
 独語学独文学専攻においては、独語学・独文学の各分野においてカリキュラムに基づき、学生の適性と能力に対応したきめ細かな個人指導を実施する。博士課程前期では、独語学、独文学に偏することなく人間の精神の営みとドイツ文化の特性を視野に納め、講義と演習を通して研究課題の総合的な把握・理解・解決のための方法を体得させ、社会諸方面の要請に応えることのできる専門的人材を育成することを目的とする。博士課程後期では前期課程で培った専門的能力をより錬磨させ、体系的な研究業績の達成はもとより、国際的に通用する高度な専門職業人・研究者の育成を目的とする。
 仏語学仏文学専攻においては、フランス語が本国以外の地域でも話されている国際的な言語であることを踏まえ、その背景にある文化・文学・思想の普遍的な性格を認知し、自由・平等・友愛の精神のもと人権や民主の思想を世界中に広めるフランス精神を重んじ、カリキュラムに基づき、きめ細かな個人指導を実施する。博士課程前期では、仏語・仏文学の修得による普遍的な人間形成を目指した教育を施し、社会諸方面の要請に応える専門的人材を育成することを目的とする。博士課程後期では、それぞれの専門領域においてさらに深化した独創的な研究を実現できる、国際社会に有用な高度な専門職業人・研究者の育成を目的とする。
 社会・文化論専攻においては、人間社会及び人間文化の二つの研究領域を、さらに後者には文化構造・思想文化・表象文化の分野を設け、社会学・文化人類学・哲学・美学を基幹科目として、調査を主とした実践習得型指導方式によるカリキュラムに基づき、きめ細かな個人指導を実施する。学部での習熟度を踏まえ、講義、演習及び実地調査を通した研究課題の総合的な把握・理解・解決のための方法を体得させ、もって社会諸方面の要請に応えることのできる専門職業人を育成することを目的とする。
 教育・臨床心理専攻においては、教育と臨床心理の二分野における高度な専門職業人の養成を主たる目的とした夜間大学院として、カリキュラムに基づき、きめ細かな個人指導を実施する。博士課程前期の教育分野では、専門的理論と実践的な活動との結合を図ることによって地域社会の求める専門的かつ実践的な指導者を育成することを目的とする。臨床心理分野では臨床心理士の資格の取得など、現代社会の病理を克服する専門的人材を養成することを目的とする。博士課程後期では、前期課程よりさらに高度な専門知識と実践能力を練磨し、関連分野の開発研究や実践を担う高度な専門職業人や研究者を養成することを目的とする。

 

人文科学研究科の3つのポリシー

 

(2) 法学研究科

 法学研究科は、法学や政治学に関する講義、演習及び論文の作成により、法律や政治についての広範な具体的問題についての分析と解決方法を提示できる人材養成を教育理念とし、研究者養成及び専門職業人の養成、再教育を目的とする。博士課程前期は、学部における一般的教養及び専門的知識の上に、広い視野に立って精深な学識を養い、専攻分野における研究能力又は専門的職業に必要な能力を養うことを目的とする。博士課程後期は、専攻分野における独創的な研究能力又は先端的な専門能力を養うことを目的とする。
 公法専攻博士課程前期においては、国の基礎法である憲法、国の活動準則に関する法である行政法、租税に関する法である税法、国家間のルールを定める国際法などのカリキュラムを中心に講義と演習を履修して公務員や専門職等に就くための問題解決の基礎能力を養うこと、及び特定のテーマを選択して修士論文を作成することを目的とする。博士課程後期においては、特別研究のカリキュラムを履修し、研究者の養成のため及び実務経験者等の研究のため、博士論文の作成を指導することを目的とする。
 民刑事法専攻博士課程前期においては、私人の財産関係と家族関係を規律する民法、商取引に関する商法等の民事法、労働問題に関する労働法、刑罰による国家・社会の秩序維持の役割を有する刑事法などのカリキュラムを中心に講義と演習を履修して、捜査や矯正関係の公務員等や司法書士等の専門職に就くための問題解決の基礎能力を養うこと、及び特定のテーマを選択して修士論文を作成することを目的とする。博士課程後期においては、特別研究のカリキュラムを履修し、研究者の養成のため及び実務経験者等の研究のため、博士論文の作成を指導することを目的とする。

 

法学研究科の3つのポリシー

(3) 経済学研究科

 経済学研究科経済学専攻は、経済学の基礎的・先進的な研究を進展させる場とこれらの高度な専門知識を社会のなかで実践する場を統合的に提供することで、経済学と関連する諸科学についての高度な専門的知識を備え、それらの基礎的・先進的研究の深化を図ると同時に、高度な専門知識を社会のなかで効果的に適用できる有為の人材を育成することを教育研究の理念とする。この理念のもと、博士課程前期では、学術研究の発展を担う高度な研究能力を持った研究者となるための基礎力の育成、高い見識と専門知識を備えた専門職業人の養成、また、社会人のリカレント教育を促進することによって、高度な専門知識を社会のなかで効果的に適用する理論と実践との融合を検証する場を確保するとともに、外国人留学生の積極的な受入れによる国際的リーダーの養成、国際的貢献を目的とする。博士課程後期では、前期課程の教育をさらに発展させ、高度な研究能力を備え自立して研究活動を遂行し、基礎的・先進的研究の発展に寄与し得る研究者の養成、高度な専門知識を備えた専門職業人の養成、高度な専門知識を社会のなかで効果的に適用できる優れた経済人、産業人、国際的リーダーの育成を目的とする。

 

経済学研究科の3つのポリシー

(4) 商学研究科

 商学研究科商学専攻は、商学と経営学に関する専門的知識と体系的思考力を備え、流動的で複雑さを増す現代社会をリードし、新しい社会を創造する、高い学識と卓越した能力を有する人材の育成を教育研究の理念とし、研究者と専門職業人の養成及び再教育を目指す。そのため、積極的で多様な動機を持った学生を受け入れ、その様々なニーズに応じたカリキュラムを提供する。博士課程前期では、商学と経営学の二つのコースを設け、修了者には修士(商学又は経営学) の学位を授与する。学術的関心の高い学生のために、学部の専門科目に連動した高度の科目群を提供し、税理士などの経理専門職を目指す者には、速やかな資格取得のための教育指導を行う。生涯学習やリカレント教育を求める社会人には、夜間にも開講して便宜を図る。さらにまた、海外からの留学生にも広く門戸を開放する。博士課程後期では、研究職を目指す者、高度専門職業人及びリカレント教育を求める社会人に、高度の学術的・専門的研究を成就させ、丁寧な学位取得のための指導を行うことによって、博士(商学) の学位を授与する。

 

商学研究科の3つのポリシー

(5) 理学研究科

 理学研究科は、自然科学に関する研究を通して自然と調和した社会の発展と福祉に貢献するという理念のもとに、自然科学に関する総合的で深い学識を持ち自立して研究活動を行い得る高度な研究能力を持つ人材及びこれらの学術的素養を活かして社会で活躍できる能力のある専門職業人を育成することを目的とする。博士課程前期では、専門分野に関する学識を養い、それを応用する能力、それに基づいた研究能力を体得させる教育を行う。博士課程後期では、前期課程の教育をさらに深化・発展させ、自立して研究活動を遂行し得る高度な研究能力を備えた人材の育成を図る。
  応用数学専攻においては、理学研究科の理念のもとに、広い視野に立って数学及び情報科学に関する精深な学識を涵養し、それぞれの専門分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な能力を有する人材を育成することを目的とする。博士課程前期では、数学及び情報科学に関する学識を養い、それを応用する能力、それに基づいた研究能力を修得させる教育を行う。博士課程後期では、前期課程の教育をさらに深化・発展させ、自立して研究活動を遂行し得る高度な研究能力を備えた人材の育成を図る。
  応用物理学専攻においては、理学研究科の理念のもとに、自然界の諸現象を支配する普遍的法則の探究を通して物理学の概念や物質観を身に付け、自立して研究活動を行い得る高度な研究能力を持つ人材の育成を行う。また、この学術的素養を活かして、社会の諸方面において活躍できる創意ある専門職業人を養成することを目的とする。博士課程前期では、応用物理学に関する学識と応用力を養い、研究能力を開花・発展させる教育を行う。博士課程後期では、前期課程の教育をさらに深化・発展させ、自立して研究活動を遂行し得る高度な研究能力を備えた人材の育成を図る。
  化学専攻においては、理学研究科の理念のもとに、化学に関する深い学識を授け、専攻分野における研究能力及び高度の専門性を要する職業に必要な能力や技術を通して社会の発展と福祉に貢献する人材を養成することを目的とする。博士課程前期では、講義、セミナー、実験、ティーチングアシスタントなどを通して、幅広い基礎学力、研究・教育手法、実践的英語力を修得し、その専門性を活かして社会で活躍できる人材の養成を図る。博士課程後期では、広い視野に立って自ら問題を発見・解決し、その成果を学術論文として発表する能力を有する人材の養成を図る。
  地球圏科学専攻においては、理学研究科の理念のもとに、地球圏の自然科学的な諸問題について、物理学、化学、地球科学、生物学の各領域にわたる教育と研究を行い、博士課程前期では、総合的・歴史的な視野を持つ専門職業人、博士課程後期では、総合的・歴史的な視野を持つ自立した研究者を養成する。

 

理学研究科の3つのポリシー

(6) 工学研究科

 工学研究科は、高度な専門知識の実践的活用によりそれぞれ科学技術分野の発展に寄与するとの教育理念の下に人材育成を行う。
 修士課程・博士課程前期では、急速な深化と拡大を続けている先端工学の分野で、高度な技術の開発・研究に携わり、社会に貢献し得る人材を育成することを目的とする。
 機械工学専攻においては、工学の開発・研究の分野で貢献するため、機械工学における幅広い知識と総合的視野を持ち、論理的思考及び総合的応用能力を有する人材を育成することを目的とする。
 電気工学専攻においては、開発・研究に携わる人材を育成すると同時に、電気工学を核に幅広い工学分野に対処できるジェネラリストを育成することを目的とする。
 電子情報工学専攻においては、エレクトロニクス、通信及び情報を中心に進められている技術革新を担うことができる高度な知識と研究能力を有する人材を育成することを目的とする。
 化学システム工学専攻においては、化学工学分野における先端的な知識や高度な専門技術を有し、開発・研究に携わる人材及び持続可能な社会の発展に貢献する広い視野を持つ高度な技術者を育成することを目的とする。
 建設工学専攻においては、高度で専門的な能力を有し国内外において幅広く活動する社会の器としての人に優しい物的環境の創造に携わる人材を育成することを目的とする。
 資源循環・環境工学専攻においては、文理融合型大学院として環境分野における実践的教育による学力の向上と環境マインドを有する人材を育成することを目的とする。
 博士課程後期では、修士課程・博士課程前期の6専攻を2専攻に集約し、さらに時代の要請にタイムリーに対応できるよう、社会科学、自然科学と工学の分野連携による学際プログラムを設置して、今日の社会が抱える技術的な諸問題に対し、専門的かつ先駆的考究を加え、新たな解決法を創造する、また、各分野の学会等を通じて新たな学術的知見を提供することによってグローバルな社会に貢献し得る人材を育成することを目的とする。
 エネルギ− ・環境システム工学専攻においては、エネルギー問題の解決のためのエネルギーの生成、変換、伝達及び輸送に関する研究、環境問題に対処するための都市環境、廃棄物の処理・再資源化技術、環境に優しい材料の開発、環境に適合した化学プロセスや装置の研究などを通して、高度な研究者、技術者を育成することを目的とする。
 情報・制御システム工学専攻においては、情報処理・伝送、電気・機械制御システムあるいは機能素子に関して十分な基礎力と高度な専門知識を有し、社会・産業の課題や問題に対する発展的な創出、解決を担う能力を身に付けるとともに、国際的に情報社会と基盤産業の発展に貢献できる人材を育成することを目的とする。

 

工学研究科の3つのポリシー

(7) 医学研究科 

 医学研究科は、医学や看護学に関する高度な専門的知識を備え、地域社会をはじめ日本及び国際社会に貢献できる人材を養成することを教育の理念とする。
 修士課程においては、看護学において高度な専門的知識・探求力を持ち、責務が拡大する保健・医療チームで広く活躍できる高度な専門職業人を養成することを目的とする。
 看護学専攻において、修士論文コースでは、看護学領域の専門的な知識・技能を基盤として、看護実践力・看護管理力・看護教育力・看護研究力を有し、実務家として看護の質向上に貢献できる看護専門職者を養成することを目的とする。高度実践看護師コースでは、高度な看護学の専門的知識・技術を駆使して、保健・医療・福祉現場において、複雑な健康問題を有する患者に卓越した直接ケアを提供するとともに、相談、調整、教育、研究を行い、ケアシステム全体を改善することで、看護実践の向上に貢献できる看護師を養成することを目的とする。
 博士課程においては、医学研究者として自立するに必要な研究能力を培うとともに、医学・医療における特定の専門分野について深い研究を行い得る研究者を養成することを目的とする。養成にあたっては、医学・生命科学等の領域で研究者として必要な幅広い専門的知識と、研究に必要な実験のデザインなどの研究手法や研究遂行能力を修得させる一方、臨床研究者として優れた研究能力等を備えた臨床医の養成も行う。すなわち、主として患者を対象とする臨床研究の遂行能力を修得させるとともに、研究遂行上又は職業上必要な資格の取得や関連学会における認定資格の取得のために必要な教育も行う。
 医学研究は、基礎から臨床、生命科学から社会医学まで広範囲に及ぶため、次の6専攻分野に分け、学生の志望に基づき、いずれかの専攻分野にて教育を行う。
 人体生物系専攻においては、分子生物学領域における高度な専門的知識及び技術を有し、医学の発展に寄与する優秀な人材を養成することを教育の理念とする。本専攻の教育に重点を置くとともに、各専攻分野を有機的に関連づける能力、人体構造・機能の解明を目指す過程で分子生物学的・病理学的解析法を身に付け、幅広い応用分野に対応できる総合的な教育・研究者を養成することを目的とする。
 生体制御系専攻においては、生体の維持・制御機構領域における高度な専門的知識及び技術を有し、医学の発展に寄与する優秀な人材を養成することを教育の理念とする。免疫学、再生・再建医学、呼吸生理学の各分野において研究手法や科学的・論理的思考法を身に付け、新規治療の開発等に寄与できる教育・研究者を養成することを目的とする。
 病態構造系専攻においては、疾病の原因を理解するための高度な専門的知識及び技術を有し、医学の発展に寄与する優秀な人材を養成することを教育の理念とする。臨床検体を中心に疾患の原因や成り立ち、病態を肉眼・組織から細胞・分子レベルまで構造解析という側面から研究し、新規の診断法や病態解明の手法の開発に寄与できる教育・研究者を養成することを目的とする。
 病態機能系専攻においては、疾病の病態生理を理解するための高度な専門的知識及び技術を有し、医学の発展に寄与する優秀な人材を養成することを教育の理念とする。人体疾患の病態生理の理解やその解明のために必要な実験手技・手法を修得し、基礎系と臨床系が交流を持ち、相互のスキルを活かして治療に結びつける研究のできる教育・研究者を養成することを目的とする。
 社会医学系専攻においては、疾病と環境や内因的な要因との関係を理解するために高度な専門的知識及び技術を有し、医学の発展に寄与する優秀な人材を養成することを教育の理念とする。疫学・公衆衛生学、予防医学、犯罪医学、精神医学等の各分野において、社会医学的な実験手技・手法を修得し、人の発生から成長、老化、死に至る過程における人と疾病の関わりを研究できる教育・研究者を養成することを目的とする。
 先端医療科学系専攻においては、生殖領域から成人病まで各専攻分野における高度な専門的知識及び技術を有し、医学の発展に寄与する優秀な人材を養成することを教育の理念とする。多岐にわたる臓器の生理的機能、臓器疾患の原因、病態、治療を理解し、生化学的手法、分子生物学的手法、生理学的手技・手法を中心に、個体レベルから分子レベルまで広範に手法を修得させ、橋渡し的研究や臨床応用をも視野に入れた研究のできる教育・研究者を養成することを目的とする。

 

医学研究科の3つのポリシー

(8) 薬学研究科

 薬学研究科は、薬学に関する学術の理論及び応用を教授・研究し、その深奥を究めて、広く医療の進展に寄与することを理念とする。
 修士課程の健康薬科学専攻においては、創薬科学系・健康科学系研究者及び技術者を養成するほか、薬剤師の総合的薬学専門力を強化することにより、薬剤師職能の拡大・高度化を図ることを目的とする。この目的に基づき、創薬科学、健康科学、基礎薬学と医療薬学を包括した総合的研究・教育プログラムを展開することにより、医療に関する深い知識と問題解決能力を有する多様な分野の研究者、教育者及び専門職業人の養成を行う。
 
博士課程の薬学専攻においては、医療現場における様々な課題に迅速かつ適切に対応できる高度な専門知識と優れた研究能力を備えた薬剤師の養成を目的とする。この目的に基づき、医療の現場における臨床的な課題を対象とする研究領域を中心とした臨床薬学・医療薬学に関する教育プログラムを展開することにより、高度な専門性や優れた研究能力を有する高度化医療に対応できる薬剤師の養成を行う。併せて、生命科学、創薬科学に関する教育プログラムを展開することにより、医療に関する深い知識と問題解決能力を有する薬学研究者及び教育者の養成を行う。

 

薬学研究科の3つのポリシー

(9) スポーツ健康科学研究科

 スポーツ健康科学研究科スポーツ健康科学専攻は、運動、スポーツ、レクリエーション、レジャー、体育、健康、福祉等を対象とする学問の深化を図り、健康長寿社会の実現に向けて貢献し、高度なスポーツ知を拓く研究科として機能することを教育理念とする。博士課程前期では、競技スポーツ・学校体育・地域スポーツ・医療等の指導現場において高度な知識と技術を基に、体育・スポーツ・健康・レクリエーションに関する科学的指導を実践・応用できる専門家の養成を行う。博士課程後期では、健康増進や疾病・障害の治療・予防・再発防止を目的とした運動プログラムの開発・実践に関する研究や、幼少期から高齢期に至るライフステージに応じたスポーツパフォーマンスの向上を目的とした研究などの専門的な領域について自立して研究活動を行い得る研究者を養成する。

 

スポーツ健康科学研究科の3つのポリシー

 

▲ページトップ