福岡大学 大学院 福岡大学 大学院

ホーム>大学院について>教育目標

教育目標

人文科学研究科

 人文諸科学の各専門分野における専門知識のみならず、確固とした理論と実証的方法論を備え、今日の国際社会に貢献できる人材を養成することを教育理念・目的としており、修士課程・博士課程前期においては、高度な知識と思考力を持つ一般社会人、中学校・高等学校の教員(専修免許状取得)や専門職業人等の育成を目標とし、博士課程後期においては、広い視野を持ちつつ、それぞれの専門領域において独創的かつ社会的に有用な高度専門職業人、大学や研究機関における教員および研究者を養成することを目標とする。

史学専攻

 人文科学研究科の理念・目的に基づき、日本史学・東洋史学・西洋史学・考古学のいずれにおいても過不足ないカリキュラムを立て、懇切な個人指導方式による教育を実施する。

【博士課程前期】
 演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、高度な知識とそれに裏打ちされた的確な判断力をもつ一般社会人、中学・高校の教員(社会・日本史・世界史)等の育成をめざす。

【博士課程後期】
 前期課程で培った専門的能力をさらに錬磨・開花させ、最終的に学位論文を完成させることを目指し、それぞれの分野で創造的かつ有用な研究でもって社会に貢献する高度な専門職業人、大学や研究機関における研究者を養成することを目標とする。

日本語日本文学専攻

 人文科学研究科の理念・目的に基づき、日本語と日本文学の研究をつうじて真の国際化に寄与するとの観点から、充実したカリキュラムを立て、懇切な個人指導を実施する。

【博士課程前期】
 演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、それによって高度な知識と思考力を持つ中等教育機関における国語教員、その他の社会人を育成することを目標とする。

【博士課程後期】
 前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、最終的に学位論文を完成させることを目指し、高度な専門職業人・大学や研究機関における教員および研究者を育成することを目標とする。

英語学英米文学専攻

 人文科学研究科の理念・目的に基づき、英語学・英米文学・英語教育学の各分野において充実したカリキュラムを組み、懇切な個人指導を実施する。

【博士課程前期】
 演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、それによって高度な知識と思考力を持つ中等教育機関における英語教員、その他の社会人を育成することを目標とする。

【博士課程後期】
 前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、最終的に学位論文を完成させることを目指し、高度な専門職業人・大学や研究機関における教員および研究者を育成することを目標とする。

独語学独文学専攻

 人文科学研究科の理念・目的に基づき、独語学・独文学の各分野において充実したカリキュラムを組み、院生の適性と能力に対応した懇切な個人指導を実施する。

【博士課程前期】
 演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、深く言語や異文化を理解できる高等学校の教員(英語・ドイツ語)や専門的知識が求められる職業人を育成する。

【博士課程後期】
 前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、博士論文作成を目標とし、社会に貢献する高度な専門職業人・研究者を育成することを目標とする。

仏語学仏文学専攻

 人文科学研究科の理念・目的に基づき、フランス語による文化・文学・思想の普遍性を認知し、仏語学・仏文学の各分野で充実したカリキュラムを組み、懇切な個人指導を実施する。

【博士課程前期】
 演習と講義を通じて研究課題の総合的な把握・理解・解決方法を体得させ、深く言語や異文化を理解できる高等学校の教員(英語・フランス語)をはじめ、社会的ニーズに即した様々な職業に対応できる即戦力の人材を育成することを目標とする。

【博士課程後期】
 前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、博士論文作成を目標とし、社会に貢献する高度な専門職業人・研究者・教育者を育成することを目標とする。

社会・文化論専攻

 人文科学研究科の理念・目的に基づき、人間社会及び人間文化の二つの研究領域を、さらに後者は文化構造、思想文化及び表象文化の分野を設け、社会学・文化人類学・哲学・美学を基幹科目とし、調査を主とした実践習得型指導方式によるカリキュラムを立て、懇切な個人指導を実施し、これによって研究課題の総合的な把握・理解・解決のための方法を体得させる。

 こうした教育を通じて、社会に貢献できる高度な知識をもった博物館・美術館学芸員(民俗・美術)、中学校・高等学校における社会科教員、地方公共団体職員及びNPO・NGO職員、マスメディアやジャーナリズムに従事する職業人の育成や、一般社会人の教養習得および研究者の育成を目標とする。

教育・臨床心理専攻

 夜間大学院として、人文科学研究科の理念・目的に基づき、「教育」と「臨床心理」の2分野において充実したカリキュラムを組み、懇切な個人指導を実施することを目標とする。

【博士課程前期】
 教育分野では地域社会の求める学校教師、高等教育機関の教員、教育学的知見を具備した実践的な指導者育成を目標とし、臨床心理分野では「臨床心理士」の資格を取得し現代社会の病理の克服に貢献するスクールカウンセラー、公務員、病院およびクリニックの臨床心理士を養成することを目標とする。

【博士課程後期】
 前期課程で培った専門的能力を錬磨・開花させ、博士論文作成を目標とし、高度な専門職業人・大学や研究機関における教員および研究者を育成することを目標とする。

▲ページトップ

法学研究科

 法学研究科は、福岡大学の建学の精神を基本理念とし、わが国および国際社会に貢献できる専門知識を備えた人材を養成することを目的とする。

【博士課程前期】
 博士課程後期での研究のための学識の修得、専門職や企業等での活躍を目指す学生に応じた論文指導等による学識の修得を目標とする。

【博士課程後期】
 博士論文の作成により、研究職等に就きうる学識の修得を目的とする。

▲ページトップ

経済学研究科

【博士課程前期】
 経済学および関連する専門領域の確かな基礎知識を背景に、社会・現場の問題、既存研究領域の問題の所在や課題を論理的に組み立てることができる能力、社会・現場との対話、既存研究領域の研究者との対話を通して、これらの問題の所在や課題を、理解、発見し、他者に説明できる、日本語・英語による論理的な文章力、コミュニケーション能力をもった人材育成を教育目標とする。


【博士課程後期】
・経済学および関連する専門領域の確かな基礎知識を背景に、社会・現場の問題、既存研究領域の問題の所在や課題を論理的に組み立て、その解決策を創造できる能力
・社会・現場との対話、既存研究領域の研究者との対話を通して、これらの問題の所在や課題を、理解、発見し、その解決策を創造し、他者を説得できる、日本語・英語による論理的文章力、コミュニケーション能力
・解決策を実行するための組織化やその有効性を検証するための科学的手続きを組み立て、組織を動かしていけるリーダーシップの能力をもった人材育成を教育目標とする。

▲ページトップ

商学研究科

 商学と経営学に関する専門的知識および体系的思考力を備える研究者と専門的職業人の養成、ならびに社会人のリカレント教育を教育目標とする。

【博士課程前期】
 学術的関心の高い学生には、充実した専門科目群による高度な教育を提供し、会計専門職を目指す者には、最新の研究動向を踏まえて、資格取得のための教育指導を行う。リカレント教育を求める社会人には、夜間開講の便宜を図り、最新の研究成果にもとづく教育を行う。


【博士課程後期】
 研究職を目指す者に、専門分野における高度な知識を修得させ、また研究者としての自立した研究能力を涵養させるとともに、博士の学位取得の指導を行う。

▲ページトップ

理学研究科

【博士課程前期】
@専門分野に関する広い学識と応用力を兼ね備えた人材を育成する。
A自然科学・数理科学の視点から社会の様々な問題の解決に取り組むことのできる人材を育成する。

【博士課程後期】
@自立して独創的な研究を遂行できる人材を育成する。
A自然科学・数理科学の分野において、社会が求める高度な研究開発能力を有する人材を育成する。

応用数学専攻

【博士課程前期】
@数学及び情報科学に関する精深な学識と応用力を兼ね備えた人材を育成する。
A研究者・専門的技術者として数学及び情報科学に関わる社会の様々な問題に取り組むことのできる人材を育成する。
B論理的な文章力、プレゼンテーション能力及びコミュニケーション能力を有する人材を育成する。


【博士課程後期】
@数学及び情報科学における精深な学識を有し、自立して研究活動を遂行できる人材を育成する。
A研究者・専門的技術者として数学及び情報科学に関わる領域における問題設定・解決能力を有し、かつ指導的役割を担える人材を育成する。
B英語による論理的な文章力、プレゼンテーション能力及びコミュニケーション能力を有する人材を育成する。

応用物理学専攻

【博士課程前期】
@応用物理学に関する広い学識と応用力を兼ね備えた人材を育成する。
A応用物理学の視点から社会の様々な問題の解決に取り組むことのできる人材を育成する。


【博士課程後期】
@応用物理学に関する深い学識を有し、自立して研究を遂行できる人材を育成する。
A応用物理学に関わる分野において、社会が求める高度な研究開発能力を有する人材を育成する。

化学専攻

【博士課程前期】
@化学の領域における確かな知識と研究能力を有する人材を育成する。
A実践的な英語力を有する人材を育成する。
B化学の専門性を活かして、社会で活躍できる人材を育成する。


【博士課程後期】
@化学の領域における確かな知識と研究・教育能力を有する人材を育成する。
A英語による論理的な文章力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を有する人材を育成する。
B広い視野からの問題設定・解決能力を有し、研究成果を学術論文として発表できる人材を育成する。

地球圏科学専攻

【博士課程前期】
@自然科学全般と地球圏に関する確かな学識と優れた研究能力を有する人材を育成する。
A研究者・技術者としての社会的責任を自覚し、自然科学の視点から自然と人類の共存の道を探求する意欲と能力を有する人材を育成する。


【博士課程後期】
@地球圏に関する高度な理論と実験・解析技術を背景に、地球と生物に関する高度な研究を推進する能力を有する人材を育成する。
A自然の仕組みを自らの力で明らかにし、自然科学の視点から自然と人類の共存の道を探求し、展望を開く能力を有する人材を育成する。

▲ページトップ

工学研究科

 建学の精神に基づく全人教育を理想とし、良心に基づいた社会的責任感を有し、時代に即応した判断力と、高度な専門知識を持ち、国際的視野に立って社会に羽ばたく人材の育成を目指す。また、豊かな創造性と実務的な応用力を育成するために、深い専門知識に基づく、十分なコミュニケーション能力を養成するとともに、調和のとれた人格の発達を促すなどを教育目標とする。

機械工学専攻

 機械工学専攻では、将来企業等で研究開発に携わる目標を持っている人、あるいは大学等の研究者を指向する人を教育するという教育理念・目的に基づき、幅広い基礎知識と総合的視野を基にした応用的な機械工学の問題解決能力を持った人材を育成することを教育目標とする。さらに問題設定能力、工学的論理的思考能力、総合的応用能力、工学的表現力、プレゼンテーション能力の育成に努める。

電気工学専攻

 電気工学専攻では、日々進歩する技術レベルに対応できる幅広い能力、社会的倫理観を有する人材の育成を教育理念・目的とする。そのため、電気基礎、パワーエレクトロニクス、電力工学、応用電気工学の4つの専修毎の最先端の技術レベルを理解できる能力の養成、専修に属さない基礎学力の涵養、プレゼンテーション能力およびコミュニケーション能力の修得、教師との密な接触による倫理観の醸成などを教育目標とする。

電子情報工学専攻

 電子情報工学専攻では、エレクトロニクス、通信および情報を中心に進められている技術革新を担ってゆくことができる高度な知識と研究能力を有する人材の育成を教育理念・目的とする。そのため、集積回路、通信システム、オプトエレクトロニクス、計算機システム、情報アーキテクチャ、知能工学、情報システム開発工学、メディア工学の8つの専修毎の最先端の技術レベルを自ら理解できる能力の養成、専修に属さない基礎学力およびプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力の修得を教育目標とする。

化学システム工学専攻

 化学システム工学専攻では、化学工学分野の先端的な知識や高度な専門技術を修得し、技術者として高い能力を有し、持続可能な社会の発展に貢献する人材を養成することを教育研究の理念とする。この理念に基づき、バイオ燃料、超臨界、高機能触媒技術、触媒表面解析、高性能化学装置、生体ソフト界面制御、環境・安全制御技術、自己組織化機能素材、高度リサイクル技術など、先端的なテーマを取り上げ、広い視野を持つ高度な化学技術者の育成を目指す。

建設工学専攻

 建設工学専攻では、国内外でハイレベルな実務に従事する技術者や建築家、企業の研究機関や大学などの研究者を目指す人々に、職能に必要な調和のとれた専門性を身につけてもらうことを教育の目標とする。そのために幅広い基礎学力を身につけ高度な専門知識を学ぶだけではなく、新しい課題に対して問題を提起し解決していくために必要な力−社会的な責務を認識し、情報を収集・分析し、結果をまとめ発信していく力を養成する。

資源循環・環境工学専攻

 資源循環・環境工学専攻では、多様な分野の知識を総合的に理解し、環境問題の解決と資源循環型社会の創造に貢献する人材の育成を教育理念・目的とする。そのため、実地見学・集中講義を中心とした導入教育により環境を形成する因子群とそれらの相互関係の理解を徹底させることによって、文理融合を基礎とした総合的視野を持った人材の育成、及び、海外実習や海外研修、英語コミュニケーション講義及び海外機関との共同研究を通して、環境マインドを有し国際化に対応する人材の育成などを教育目標とする。

エネルギー・環境システム工学専攻

 エネルギー・環境システム工学専攻では、エネルギー・環境分野において深い専門知識と探求創造能力を身につけ、地域ならびに国際社会に貢献でき、また高い倫理観を持って工学に携わる高度な研究者や技術者の育成を目指す。そのため、熱エネルギー、電気エネルギー、都市環境、環境材料、環境プロセスおよび資源循環システムの6つの専修毎の最先端の高度な技術レベルを自ら理解できる能力の養成を教育目標とする。

情報・制御システム工学専攻

 情報処理、情報伝送、システム制御、機能デバイスの専門分野において、国際的な社会発展を先導する人材としての高度な専門知識と研究能力を有するために独創的かつ発展的な思考力、創出力を養う実践教育を行うことを目的とする。そのため、本専攻は、最先端の研究・開発を通して専門分野に精通した豊富な知識と最新の科学技術に対応できる能力を育成する教育により、情報社会、産業基盤の発展に貢献できる人材を輩出することを目標とする。

▲ページトップ

医学研究科

看護学専攻

 看護実践上の問題に主体的・科学的に取り組み、科学的根拠に基づく専門性の高い実践力を持ち、看護を創造的、開発的に探求し続ける高度な実務家を養成する。
<修士論文コース>
1.生態情報に基づいた判断能力とチーム医療やコンサルテーション能力を持って、専門性の高い実践能力と問題解決能力を有する実務家を養成する。
2.保健・医療・福祉のシステムを有機的に連携・調整し、地域における生活支援を推進できる実務家を養成する。
3.看護環境の変化や看護管理実践上の課題を理論的・客観的に分析し、看護システムを変革できる能力を有する高度な看護管理の実務家を養成する。

<高度実践看護師コース>
1.高度な看護学の専門的知識・技術を駆使して、保健・医療・福祉現場において、複雑な健康問題を有する患者に卓越した直接ケアを提供できる看護師を養成する。
2.専門看護分野において、相談、調整、教育、研究を行い、ケアシステム全体を改善することで、看護実践の向上に貢献できる看護師を養成する。

人体生物系専攻

人体生物系専攻では、次のような人材を育成することを教育目標とします。
1.生命科学一般に関する基礎的な知識を有する者
2.専門分野に必要な知識と実験技術を有する者
3.専門分野において研究テーマを設定しそれを解決する能力を有する者
4.異なる専門分野を橋渡しできる能力を有する者
5.国際的に通用するコミュニケーション・プレゼンテーション能力を有する者

生体制御系専攻

生体制御系専攻では、次のような人材を育成することを教育目標とします。
1.専門分野における基礎的知識を有する者。
2.専門分野における研究手法や科学的・論理的思考法を有する者。
3.国際的に通用するコミュニケーション・プレゼンテーション能力を有する者
4.研究テーマを立案し、完成できるような能力を有する者。

病態構造系専攻

病態構造系専攻では、次のような人材を育成することを教育目標とします。
1.人体の病因と病態を理解するための高度な専門的知識及び技術を有する者。
2.最新の科学的知識を理解するための語学力を有する者。
3.肉眼・組織から細胞・分子レベルまで人体の病態に関する専門的知識を有する。
4.病態を構造という側面から研究・解析するための知識と技術を有する者。
5.病態構造に関する新規の知識・診断法・病態解明手技の開発に寄与できる能力を有する者。

病態機能系専攻

病態機能系専攻では、次のような人材を育成することを教育目標とします。
1.生体の構造のそれぞれ、もしくは関連する臓器の機能の知識を有する者。
2.病態機能を研究する上で必要な基本的知識や実験研究手技を有する者。
3.研究テーマを立案し、完成できるような能力を有する者。
4.独立した研究者として終生研究できる能力を有する者。

社会医学系専攻

社会医学系専攻では、次のような人材を育成することを教育目標とします。
1.ヒト社会のなかで誘発される疾病、障害、犯罪に対して社会医学的な視点から考察できる能力を有する者。
2.病気と環境的社会的要因の関係について分析する研究法を有する者。
3.個人と社会がさらに健康になるように働きかける方法論を有する者。
4.現代型犯罪に対処する各種の方法を習得し、その結果から総合的に判断する能力を有する者。
5.精神疾患の発生、予防、治療に関して生物学的視点のみならず、心理社会的な視点から考える総合的な能力を有する者。

先端医療科学系専攻

先端医療科学系専攻では、次のような人材を育成することを教育目標とします。
1.免疫・生化・生理・腫瘍・発達・生殖・外科、各専攻分野における高度な専門的知識及び技術を有する者。
2.各専攻分野において、個体レベルから分子レベルまでの生化学的、分子生物学的、生理学的手技・手法を習得し、応用できる能力を有する者。
3.得られた結果をもとに論文作成ができ、自立して研究できる能力を有する者。

▲ページトップ

薬学研究科

健康薬科学専攻(修士課程)

1.創薬科学、健康科学、基礎薬学と医療薬学を包括した総合的研究・教育プログラムを展開することにより、医療に関する深い知識と問題解決能力を有する多様な分野の研究者、教育者及び専門職業人の養成を行うことを教育目標とする。
2.薬剤師の総合的薬学専門力を強化することにより、薬剤師職能の拡大・高度化を図ることを教育目標とする。

薬学専攻(博士課程)

1.医療の現場における臨床的な課題を対象とする研究領域を中心とした臨床薬学・医療薬学に関する教育プログラムを展開することにより、高度な専門性や優れた研究能力を有する高度化医療に対応できる薬剤師の養成を行うことを教育目標とする。

2.生命科学、創薬科学に関する教育プログラムを展開することにより、医療に関する深い知識と問題解決能力を有する薬学研究者及び教育者の養成を行うことを教育目標とする。

▲ページトップ

スポーツ健康科学研究科

【博士課程前期】
 競技スポーツ・学校体育・地域スポーツ・医療等の指導現場において高度な知識と技術を基に、体育・スポーツ・健康・レクリエーションに関する科学的指導を実践・応用できる専門家の養成を行うことを教育目標としている。


【博士課程後期】
 健康増進や疾病・障害の治療・予防・再発防止を目的とした運動プログラムの開発・実践に関する研究や、幼少期から高齢期に至るライフステージに応じたスポーツパフォーマンスの向上を目的とした研究などの専門的な領域について自立して研究活動を行える研究者の養成を行うことを教育目標としている。

▲ページトップ