福岡大学 大学院 福岡大学 大学院

ホーム>研究科・専攻>経済学研究科

経済学研究科

人材養成目的、その他教育研究上の目的

 経済学研究科経済学専攻は、経済学の基礎的・先進的な研究を進展させる場とこれらの高度な専門知識を社会のなかで実践する場を統合的に提供することで、経済学と関連する諸科学についての高度な専門的知識を備え、それらの基礎的・先進的研究の深化を図ると同時に、高度な専門知識を社会のなかで効果的に適用できる有為の人材を育成することを教育研究の理念とする。この理念のもと、博士課程前期では、学術研究の発展を担う高度な研究能力を持った研究者となるための基礎力の育成、高い見識と専門知識を備えた専門職業人の養成、また、社会人のリカレント教育を促進することによって、高度な専門知識を社会のなかで効果的に適用する理論と実践との融合を検証する場を確保するとともに、外国人留学生の積極的な受入れによる国際的リーダーの養成、国際的貢献を目的とする。博士課程後期では、前期課程の教育をさらに発展させ、高度な研究能力を備え自立して研究活動を遂行し、基礎的・先進的研究の発展に寄与し得る研究者の養成、高度な専門知識を備えた専門職業人の養成、高度な専門知識を社会のなかで効果的に適用できる優れた経済人、産業人、国際的リーダーの育成を目的とする。

教育目標

 博士課程前期では、

・経済学および関連する専門領域の確かな基礎知識を背景に、社会・現場の問題、既存研究領域の問題の所在や課題を論理的に組み立てることができる能力

・社会・現場との対話、既存研究領域の研究者との対話を通して、これらの問題の所在や課題を、理解、発見し、他者に説明できる、日本語・英語による論理的な文章力、コミュニケーション能力をもった人材育成を教育目標としています。

 博士課程後期では、

・経済学および関連する専門領域の確かな基礎知識を背景に、社会・現場の問題、既存研究領域の問題の所在や課題を論理的に組み立て、その解決策を創造できる能力

・社会・現場との対話、既存研究領域の研究者との対話を通して、これらの問題の所在や課題を、理解、発見し、その解決策を創造し、他者を説得できる、日本語・英語による論理的文章力、コミュニケーション能力

・解決策を実行するための組織化やその有効性を検証するための科学的手続きを組み立て、組織を動かしていけるリーダーシップの能力をもった人材育成を教育目標としています。

専攻

▲ページトップ